金彩友禅とは


金彩友禅の歴史と技法

現在の金彩友禅の誕生には、私を魅了してやまなかった桃山、江戸時代初期の摺箔の名品があり、またそれには中国からの印金技術の伝来がありました。金銀の発見から現代まで、その系譜を簡単に記しておきます。
金銀の歴史を辿ることは、一面において人類数千年の歴史を顧みることでもあります。金銀に対する人間の願望や欲望は、直接的には経済を支配し、間接的には文化や化学の発達を促す原動力になってきました。例えば、中世の錬金術師の情熱は近代化学の礎となり、未知の黄金郷(エル・ドラード)を求めて大航海に出帆した人々は、新たなる大陸の発見によって新世紀の開幕を告げたのです。
金銀の発見は紀元前三千五百年頃のメソポタミアといわれています。古代の人々は、その豪華で際立った輝きと、火で燃やし土に埋めても変質しない不変性に、単なる稀少価値以上の神秘なものを認めたのです。金は太陽のおとし子であり、魂を持つ超自然的な存在として神や神の代理人である王侯に捧げられ、洋の東西を問わずあらゆる国々で神の世界や極楽浄土を現出し、また権力の象徴としての装飾品などに用いられました。特に有名な例としては、古代エジプト王朝や中国殷代の遺跡からの発掘品があげられます。
また初期の医学では、金は最高の薬であると考えられ、金箔や金粉の服用が伝えられています。色彩としての金色は常に特別な地位を占めてきました。厳かな輝きは、他の色の中に加わっても決して自分を失うことはなく、はっきりと自分を主張しています。『西洋の没落』を書いた十九世紀のドイツの哲学者シュペングラーはその著書のなかで、“金は決して色でない。自然のなかでは決して現われない光輝は、超自然的である。それは、神霊の本質と支配を表現している”とさえ述べています。

このように神聖視された金ですが、物理的にも優れた特徴を持っています。適度な粘りを持つ性質を利用して、金の板を更に薄い箔にすることが行われたのです。
この金銀「こがね・しろがね」の出現によって、人間は長い間の夢であった金銀を衣服に用いることに成功しました。金銀の光輝を用いた衣服を身にまとうことは、現代人の想像を超えた感動と歓喜をともなったことでしょう。金銀箔を衣服に用いるには、大別して二つの方法が考えられます。箔を糸に巻きつけたり、あるいは紙に貼った箔を細く切って織物にする。もうひとつは箔を直接布に接着する方法。
前者の代表が、刺繍・金襴であり、後者が印金(金彩)です。
印金は中国で鎖金・錬金とも呼ばれ、その歴史は唐の時代にまでさかのぼり、金襴と相前後してはじめられたようです。世界の染織品、特に金彩の歴史を辿る時、非常に困難な問題が幾つかあります。まず現存する作品の絶対的な不足、さらに昔の技術を考える場合、現在に於いて過去の作品と同じようなものが出来ても、昔の人が必ずしも、その方法(糊料・技法)で制作したとは言えない部分があるということ、しかも時代や国によって技術や作品の呼び方も異なり、用途も違うため混乱を招きやすい面があります。
金銀箔(金粉その他も含む)を布に接着させるための方法で代表的名称として、中国で創られた物が印金であり、インドやタイ・ジャワの金更紗(ブロックプリント、型紙)は金箔叉は金粉で表わされています。
日本の摺箔、振落とし金砂子も技法や素材は多少違いはあっても、本質的には同じと考えられます。今日の金彩技法の基礎となった技術は、インド・ジャワ・中国を経て宋代に日本に伝わったことを述べておきます。中国の印金は、唐から宋、元の時代を過ぎ、明代にその最盛期を迎えたようです。どんなものであったかと申しますと、羅・紋綾・緞子・繻子地などの布地の上に花唐草や花兎、小花などの文様を金箔であらわし、おもに袈裟などに用いられていたものを、中国へ留学した学問僧がその師承のしるしとして日本にもたらしました。

日本では貴重な裂地として書画の表装に用いられたり、茶の湯の興隆につれて名物裂のひとつとなっています。
名物裂では、中国渡来のものを上代印金として最高位に置き、その他に朝鮮の高麗印金、日本で倣製された典司印金、奈良印金、高野印金などがあると伝えられています。日本に伝来した印金の技術は、我が国に於て長足の進歩をとげ、日本独特の世界を創り出します。すなわち、中国の印金が幾何学的文様の反復文様が多いのに対し、功緻な日本の文様を創作し、豪華絢爛で詩情豊かな絵文様を自由に描き出しこれを金彩技法である慴箔・振落とし金砂子・押箔で表わしています。
ところで、日本に於いて衣服に金が使われ出したのはいつ頃であるのか明らかではありませんが遺品としては正倉院裂に金箔を織り込んだ綴錦があり、平安時代中期以降、男女の装束の袴や唐衣や上着などに箔の文様が付けられた様子が、散見されると言われている面からも、すでにこの頃から十分に日本の金彩技術が育ち開花する素地があったようです。
桃山・江戸時代に小袖・能装束・鐙上着・鐙下着等々に刺繍、絞りと共に慴箔・振落とし金銀砂子・押箔の技術が確立され、その技法を駆使して創作された衣服の名品が今日でも伝えられ大切に保存されています。桃山時代は良く知られているように日本史上の一大転換期でもありますが、金彩の歴史の上でも大変重要な時代です。
日本の歴史の中で、黄金の時代といえるのが安土桃山時代ですが、各地で金山の開発が行われ、金銀の産出量が飛躍的に増えたことによって、今まで極く一部の特権階級のものであった金銀が新興の武将や町人にまで使われるようになり、信長、秀吉を始めその時代の人々が金銀を愛し、彼等が自らの生活空間、調度、衣装を金銀で飾る装飾文化を創り上げ、金銀の輝きを権力のシンボルに最大限に利用し、輝きの美を喜びとしたものです。
衣服の歴史のなかでは、今日の着物の原型とされる小袖様式が確立され、従来は下着的役割であった小袖が表着の性格を持つにつれ、次第に色彩と文様を付加されるようになり、豪華絢爛な染色の美が完成され、小袖能装束などには慴箔や振落とし砂子などの金彩の技術だけで文様が表現されています。日本の能狂言から歌舞伎に至るまで、ほとんどの芸能文化の原型がこの時代に形成され、金銀美を誇るこの時代に最も盛んに使われ、染織文化史のうえで、技術が高度に完成されたことがうかが知れます。
このように、金彩の技法は、日本人の美意識、生活感覚に根ざしたものとして、桃山から江戸初期にかけて確立したわけですから、元禄年間、宮崎友禅斎によって始められた手描友禅よりも歴史的には、はるかに古くからあるわけです。しかし、かくも隆盛を誇った金彩の技法も、いつしか凋落し、明治からつい最近に至までは、手描友禅の数多い工程のなかで最後のお化粧係としての脇役に甘んじていたのです。その原因はいくつかあげられます。徳川年間にたびたび布告された奢侈禁止令による金銀使用の制限、過去の金彩が持っていた技法や素材の欠陥などがあげられますが、最大の原因は人間の力では抗しきれない時代の推移、時代の風潮があります。
人間が存分に個性を主張し、いきいきと生活できる時代、こころのゆとりが物づくりに反映する創造集団の欠如が起因と思われます。桃山時代のように金彩の本来の真価が、今、十分に発揮できる時が再び到来しました。金彩友禅には独自の技法があり、その組み合わせによって、光の綾なすさまざまなバリエーションが生まれ、現代の感性にマッチした文様と色彩との調和を形成しています。





金彩箔粉の種類

純金箔 純金箔は永久に変わることのない、上品な黄金色の光沢を持つ。薄く極めて柔軟な性質(一万分の三ミリの厚さ)で、一立方センチの金から、現在使われている箔(109mmミリ~127mm平方角)が約1000枚できる。
純銀箔 純銀箔は純銀100%であり、白っぽい上品なしろがね色の光沢をもつが、時日がたつと淡黒色に変色していく性質のため、銀箔の両面に樹脂加工をすることによって変色を防止している。
白金箔(プラチナ) うすねず色の淡い輝きをもち、1000分の999という高純度の箔。日本人に好まれているため、帯きものに使用されている。
曜遍箔(曜変箔) 焼箔とも呼ぶ。ベースの銀箔に、松脂と硫黄を燃焼させ発生する硫化水素により、銀箔が淡黄色・青貝色・茶褐色・黒色へと変化していく各段階の箔色に特殊樹脂、染料で高温加工することによって完成する箔。独特の色調と妖しい光の美を秘める。
光彩箔 色箔とも呼ぶ。銀箔に特殊染料と樹脂で高温乾燥させた箔で、あらゆる色箔が可能となる。
泥金箔 泥金の製法は、従来箔を皿状の鉢でニカワとよく練り合せたあと、ニカワと水を抜き乾燥し、絹の羽二重で漉す。そうして出来る箔色が金泥・銀泥・玉虫泥・紫泥・焦茶泥・黒泥など15色以上にもおよぶ。
金属粉 金属粉は真鍮粉・銅粉・アルミニウム粉の他に着色銀粉・アルミ粉のある。普通120番から220番、5000・7000番まで細かい金属粉がある。
蒸着箔 蒸着箔は、ポリエステル・フィルムに離型剤をコーティングして、染料・樹脂をかけ金属真空蒸着された箔である。




金彩友禅技法















  • ※上記の写真は板場摺箔の工程の一部を紹介したものです。

  • 押箔 接着剤を箔を貼る部分全体に、筆で均一に塗りつけ、表より紙や布で薄く接着剤を取り、すぐに箔がシワにならないように貼りつけ、自然乾燥する。光彩箔、曜偏箔などの色の変化を線・面・点の部分に表わす時、箔の味がより一層美しく、近代的な感覚に表われる。
    摺箔・板場摺箔 板紙を使って文様を摺り箔粉で表現する。一色毎に彫り分けた型紙を、板に貼った布地の上に置き、型紙の上から接着剤を駒ベラで摺り、箔を貼ったり金彩砂子を振り落としていく。色数と同じぐらいの型紙が必要とされる(通常は一枚~三〇枚程度だが、複雑な文様になると四〇〇枚から五〇〇枚の型紙を使用する。)型紙の鋭い手彫りの美しさ、金彩箔の輝き、金彩砂子の多彩な光が渾然一体となって、最も豪華に仕上る。
    振落とし金彩砂子 表現したい部分に接着剤を筆で塗り、下面に金網を張った振竹筒の中に入れた金彩箔を、硬目筆で振り落としていく。金網の目は一番~二五〇番ぐらいある。江戸時代中期の尾形光琳筆の小袖には振落とし金砂子が施されている。現在は一枚の花弁に三色~六色の金彩箔粉で配色する。
    泥金箔 細かい泥金箔を樹脂バインダー(従来はニカワ)などでよく溶いて、筆・タタキ印毛で直接生地に描いていく。また金網を使って振り落としの暈模様を型紙、筆などで描くと、泥金の上品な渋い輝きの美しさを現わす。
    盛り上げ箔 細かい泥金箔を樹脂バインダー(従来はニカワ)などでよく溶いて、筆・タタキ印毛で直接生地に描いていく。また金網を使って振り落としの暈模様を型紙、筆などで描くと、泥金の上品な渋い輝きの美しさを現わす。
    金線描 透明の溶剤・油性合成樹脂と金属粉を混合し、筒紙に入れ、極めて小さな穴のあいた先金をつけて描かれた、柔らかく、細い線の美しさと金属粉の渋さ光は、他の技法とは別に素晴らしい金彩技法である。
    切箔・野毛箔 鹿皮を張った、切箔台に金箔をのせ、鋭く削った、シノ竹庖丁で、箔を四角に切り、又、細長く短冊状(野毛箔)に切ったものを生地に、接着剤を塗った部分に振り落として独特の切箔模様を現わす。有名な『平家納径』に代表的な切箔、野毛箔が見られるが、この技法を着物に表現すると繊細な美しさがある。
    箔剥がし 挿し友禅模様を全体にきつい色で染め、その上から接着剤を塗る。押箔を施して自然乾燥のあと、ビロードなどの布で貼った箔を剥がして下の友禅模様を下から、のぞかせるように表現する技法である。金彩の箔の光と、箔によってきつい色がおさえられた色の美しさの合奏で新しい感覚を表わす。

    その他、まわた箔・たたき箔・もみ箔・ピース加工・ホットスタンピング箔など独自の表現が可能な技術があります。